2018年02月05日

J.S.ミル『大学教育について』 要約(3) 教養人とは何か

要約(3) 教養人とは何か

 大学教育が目指すべきは、真理の集約としての「一般教養」の獲得により「知識の体系化」を完成させ、専門への分岐の前提を構築することである。

 個人は、大学教育を通して諸分野にまたがる真理を理解し、後の専門的学問によって高度な専門性を獲得する。この過程において、教育が理想とする教養人は完成される。

 すなわち教養人とは、あらゆる学問分野において何らかの真理を理解し、かつ特定の専門においてはその学問に属する全てを理解している人物であると定義できる。

 この過程のうち、前段に相当するのが大学教育であり、かつ職業人と教養人を分かつ点でもある。故に、大学教育は職業という最終目的とは直接的に関与しない。

 しかし、大学教育に何らかの「報酬」を見いだすならば、「諸君が人生に対してますます深く、ますます多種多様な興味を感ずるようになる」ことであろう。
 学問、教育は、「知識の体系化」の連続的な構造によって、あらゆる真理の位置づけを可能にするのである。

(ヨハネ研究の森 第13期生 日高)

 
posted by ヨハネ研究の森 at 15:20 | 教育学