2017年06月03日

E・F・シューマッハー『スモール・イズ・ビューティフル』  要約(3) スモール・イズ・ビューティフル

要約(3) スモール・イズ・ビューティフル

 現代社会は、成長主義的、大規模主義的思想によって発展を続けてきた。
 しかし、無限の成長を前提としているはずの現代社会は、その主張を有限の資本、一次エネルギーに依存しているという点で大きな矛盾を内包している。

 産業社会の唯一の尺度として機能してきた経済学は、利益追求の効率性のみを発展の手法として捉えていたため、それ以外の環境や倫理といった非経済的価値を対象とせず、社会構造として人間性を乖離させることに無意識ながら寄与してきた。

 人類の今後を考える上で、持続可能な社会構造への転換が必須であることは明らかだが、現代社会が基盤としてきた成長主義、発展主義からの脱却は容易ではない。

 だが、こういったものに対する盲目的信仰から脱し、アンチテーゼとしての「スモール・イズ・ビューティフル(小さきことは美しきかな)」的思想が肯定されない限り、真に人類に幸福をもたらす持続可能な社会の実現は難しいであろう。

(ヨハネ研究の森 第13期生 日高)

 
posted by ヨハネ研究の森 at 09:30 | 経済学